FC2ブログ
戸(のへ)のつく町から...

戸(のへ)のつく町から...

いつも一緒のPENTAX Q7と時々一緒のCanon eos80Dで青森(たまに岩手)の日常を撮ったPHOTOログです♪

 

紺屋町のレトロな雑貨屋さん『巴倫堂』へお邪魔してみた♪


紺屋町を散策してる時に前を通るといつも気になっていた
小さな雑貨屋さんがあるんですが今回初めてお邪魔してみました!


『巴倫堂』
住所:岩手県盛岡市紺屋町
TEL:019-625-8486
営業時間:13:00〜17:00
定休日:木・金・日曜



20231121111911961.jpeg
『ちょっと見させてください』と云って中に入るとオーナーさんでしょうね
女性が『どうぞご覧になってください』と気さくな感じで迎え入れてくれました



202311210105216eb.jpeg
こぢんまりとした店内に所狭しと世代的にドストライクなレコードや
アンテークのグラスやアイスクリームカップ



20231121010524cc3.jpeg
塗り絵、絵本、キャラクター物のおもちゃや人形、レトロなカメラなど
ノンジャンルなレトロなものがいろいろと揃っていました



20231121010526cb3.jpeg
小さい頃によく飛ばしていた輪ゴムが動力の飛行機も懐かしい
左側の壁面にはイラストレーターもされているオーナーさんの作品たちも
そういえば前の記事のクラムボンで個展をされていた時に観た事があって
すごく印象に残っていたんだけどまさか作家さんがこんな近くにいらっしゃるとは



202311210105212fa.jpeg
アンティークの瓶に


20231121010519b05.jpeg
アンティークのテディベア?


2023112101051657f.jpeg
桜ビスクはちょっと怖いかも(^◇^;)


20231121010526462.jpeg
『着せ替えかつら人形 花子』
かつらを被せて遊ぶからなんでしょうが人形がザンバラ髪もいいところ


202311210105149b3.jpeg
我々の年代とかにはどれも懐かしく、最近の昭和レトロブームで
若い人たちにはきっと新鮮な印象で楽しめるでしょう



20231121010528801.jpeg
今回は取り敢えずネコバッヂを一個迎え入れてお店を出ました


20231121110804ca6.jpeg
表の看板もオーナーの女性の作品だとか
なんでもっと早くお邪魔できなかったのかな〜
今度から盛岡に行ったら絶対寄りたい場所がまた一個増えてしまった!
おそらく売れてしまうと2度と同じ物と出逢えないであろう
そんな一期一会の出逢いを求めてお店を覗いてみるのも良いかもしれませんよ








ポチッと応援してくれたら嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村
関連記事

 
 
Comments
ディープ・ゾーンの沼へようこそ。 
我ながら悪趣味だと思いながらも、一見サン的な観光客目線から
「ディープな盛岡」へハマッて行くfourdoorさんの様子を拝見して
いました・・・地元民とは視点がまた違っていて興味深いですもん。

>桜ビスクはちょっと怖いかも(^◇^;)
この手の人形やお面、昭和8年に建てられた本家にやたら沢山
在ったんです。夜中20ワットぐらいの裸電球で照らし出されると
その陰影が怖すぎて(長い縁側の彼方にある)トイレへなんか
行けなくなるレベルのトラウマ。未だにこの手の人形は苦手です。

中津川からひとつ挟んだクラムボンとか菊之司の酒蔵が並ぶ
紺屋町にもし魅かれたなら、オススメのシリーズがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
↑正しくあのストリートを軸にして展開して行く小説集。
地元衆ならば「この建物はアレで登場人物の勤務先は多分
アソコだろなー」と読み進めながら笑えちゃうぐらいリアル。

もしも読書が苦手でなければ古本屋さんで探してみて、
夜が長くなるこの冬にでも楽しんでみて下さいね。
もしかすると次回盛岡訪問時の味わいが更に深く楽しめる
良いレシピになってくれるかも・・・?
狐ヶ丘 紺之介さんへ♪ 
> 地元民とは視点がまた違っていて興味深いですもん。
よく他の地域から地元に来た人たちの写真や記事なんか見ると
思いもしないところに注目して面白がったりしてたりしてへ〜って思ってるんですがやっぱり私にもそれ感じたりするんですね
>桜ビスク
やっぱり紺之介さんすごいですね。たった4行の文章なんだけど
夜中 20ワットの裸電球 長い縁側の彼方にあるトイレ 
とかばっちり情景が思い浮かぶしなんならちょっと怖いですもんね
モノ書きになってもそこそこイケるんじゃないんですかね

教えてもらった小説amazonでみたらなんと中古で1円からあるじゃないですか
私も本を読むのは好きだったんですが老眼になってから読み物からは
遠ざかってたんですがちょっと老眼に鞭打ってでも見てみたいと
思ってしまいました!
さらなるディープゾーンへ導かれたりして…ちょっと楽しみです

 
<-   02 2024  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

fourdoor0810

Author:fourdoor0810
当ブログへご訪問いただきありがとうございます♪
とある戸(のへ)のつく町の住人です。青森から岩手にかけてある戸(のへ)のつく町の魅力を少しでも伝えたい…って言うのはあくまでも目標で気が多いのでアレもコレもになってしまいますがほぼほぼ私的備忘ログ的内容でおおくりします♪どうぞゆる~くお付き合いの程を…よろしくお願いします^^

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

青森県 ブログランキングへ

ご訪問に感謝です~♪
フリーエリア

Archive RSS